生産性向上

弊社では、「生産性の向上」「効率化」の強化に努めている。

その成果かどうか、まだまだ道半ばではあるが、看板業としては多分珍しい「完全週休二日制」で残業もほとんどない。

それに加えて有給も積極的に取得するよう呼びかけており、昨年度の有給消化率は80.6%であった。

それで高収益だったら言うこと無いのだが、実際はそうでもない。

もっと生産性を高めなければならないと考えている。

私のイメージでは、今より1.5倍は生産性があってもおかしくない。

ではどうやって生産性を高めていくかというと、まずは「IT化」

属人的な作業や手間のかかる作業を、誰でもどこでもスピーディーにできるようにしていく必要がある。

そのためのITツールをずっと探しているのだが、今の所まだ見つかっていない。

次に取り組むのが、「従業員の意識変革」

今の従業員はお世辞抜きに一生懸命頑張っていると思う。しかし頑張るだけでは成果は上がらない。

私は英会話の学習を毎日少しずつやっているが、一向に上達しない。その理由は、頑張り方を間違えているからだと思う。

どのように頑張るかは、経営者が従業員の指導者となって、うまく導いていかなければならないと考えている。つまり自分がもっと頑張らないと!

最後に、「受注量の増加」

今の体制でも、やれば1.5倍の仕事量はこなせるはず。

しかし仕事量には波があるので、暇な時もあれば忙しい時もある。

そんな暇な時はどうしても生産性が低くなってしまう。なんとなく毎日忙しく過ごしているが、最後に結果を見てみると全く成果が上がってない。

逆に繁忙期もそこまで忙しさに差はないのだが、振り返ってみると実績は上がっている。

忙しければ忙しいなりに、暇なら暇なりに無意識に体が対応しているのだろう。

受注量が今より増えれば、一人あたりの生産性は間違いなく上がる。

ある会社は、一つの作業を1人で1時間で行う。
ある会社は、一つの作業を3人で3時間で行う。

でも後者の会社は、自分たちは一生懸命やっていると信じこんでいる。

それで聞く耳を持たなくなっている人たちと同じにならないよう、素直な気持ちで効率化に取り組んでいかなければならない。

リーダーシップと意思決定「利己と利他でどう変わるのか」 〜機関誌3号〜

今回も「稲盛デジタル図書館」より

機関誌を持ち歩かなくてもどこでも読めるから、とても便利!

ただし6ヶ月で9000円(税別)だが。。。

今回も塾長講話は数ページで終わりです。

他のページはというと、他の塾生の経営体験報告に加えて、「子供が生まれました」などという近況報告コーナーまである。

この頃は今と違って内容が簡単で、サクサク進む。

さて、今回のテーマは「利己と利他でどう変わるのか」

稲盛塾長は、年端のいかないころは個人の意思決定を優先していたが、何事もあまり良い結果を得られなかった。

それが、従業員時代に部下を「食わせないといかん」と会社の人全体のためという「利他」が入ってきたそうだ。

そのように「利他」の考えで行動すると良い結果が伴うようになったとのことです。

このように社内の人間全員が「利他」の心で思いやりの心で行動すれば、いい会社になると思う。

うちの会社で言えば、みんな個人よりも周りの人ことを考えて行動する人間が多いように思う。

しかし、自らの行動が先々どのように会社に影響してくるかまで意識している人は少ない。ここは私の指導不足が原因であるのだが。

“「金は天から降ってくるものではない」
われわれ自身が稼いでわれわれ自身が分配しなければ、金はどこからも来ません”

この言葉を塾長は何度も従業員に対して話されたきたそうだ。

うちもその意識を高めて、全員が経営者の意識で仕事に取り組んでいきたい。

盛和塾山陰 9月自主例会

久々にコンパまで参加した今回の自主例会。

感動で涙が3回くらいジワッとした。盛和塾に入ってて本当に良かったと思える例会だった。

日本航空の藤田副社長が、台風の中、出雲の地に来てくださって我々のためにお話をして下さった。
ちょうどこの日は大きな台風が来てたのだが、「どんな手段を使ってでもいきます」と言ってくださってたそうだ。ありがたい。

内容についてはここに書ききれないほど多くの学びがあったのだが、特に印象に残ったことは、

「フィロソフィの大切さ」

うちでも朝礼の時に京セラフィロソフィを輪読してかじった気になってたが、日本航空ではさらに徹底的にフィロソフィを学ぶ機会を作っておられる。

それこそ愚直に。

もっとスマートにやってるイメージがあったのだが、リーダー研修、社員研修、各部門ごとの勉強会などを定期的にやっておられる。
そこまでしてフィロソフィの浸透をはかられている。

そして、東日本大震災や熊本大震災の時、日本航空はこまめな増便を行うなど、現地でのサポートに尽力された。

そういった不測の事態が起こった場合も、従業員が「JALフィロソフィ」を確認し、行動をされているとのことだった。

フィロソフィとは一度学んだだけではダメで、それこそプロ野球選手が何度も素振りをするように、何度も学んでは実践し、反省をして少しずつ自らに浸透させていくのだそうだ。

なんでもそうだが、知っているだけではあまり意味がない。
不正や犯罪など、悪いと知っててやってしまう人間がほとんどだろう。

我々も、フィロソフィを少しかじったくらいで知った気になっていないか?

学んだことは、一つでも行動に移すことが大事!

まずは、京セラフィロソフィを自らに浸透させるべく、社内でフィロソフィに反することがあった時は流さずにきちんと注意することにする。

自社の文化は自社でつくる。