燃える集団づくりをめざす/機関誌6号

いつもは塾長講話について書くのだが、今回はその前に掲載されている、塾生と塾長の経営問答について書きます。

今回のテーマは「燃える集団づくり」

『集団が燃える集団になるかどうかは、事業がうまくいくかどうかと同義語だと思います。』

との塾長の言葉どおり、事業の成功には組織が「燃える集団になる」必要があるということ。

『その前提として、社長に対して部下が聞く耳を持っていなくてはいけない。それは尊敬、畏敬、さらには畏怖の念を社長に抱くということ』

そのためには人一倍働いて結果を出す。ただしそれだけでは聞く耳を持たす、というところまでいかない。

私の知人も、昔のカリスマ美容師みたいな人なのだが、操業してすぐにスタッフが一気にやめてしまったという経験を持つ。技術や勲章だけでは人は動かない。

それでどうするかというと、若い頃の塾長はコンパのようなものを開いて直接部下に訴えた。

『一回しかない人生はやり直しがきかない。なんの縁か知らないが、このボロ会社で一緒に仕事をしている。ぶつぶつ言いながら実りのない人生を送るよりは、たった1回しかない人生、燃えて、悔いのない生き方をしようじゃないか、と。』

『会社が暗くても夢を語る。罪のないホラは面白いし、みんなの乗ってくる。前向きに現実から逃避するのが夢です。そんな夢の中に誘い込む。夢か現実か、境目をなくして夢の中を一緒に歩く。』

「前向きな現実逃避が夢」とは、ものはいいようだと感心!

そして社内でのリーダーシップについてはこう語られていた。

『目的は従業員の物心両面の幸せを勝ち得ることであって、そのための方向は一つしかない。そういう意味では民主主義ではありません。一市民としては買ってバラバラでもいいが、われわれは一定の目的を持った集団で、その目的に向かってベクトルをそろえる必要がある。それを「独裁」と非難されても困ります。(中略)いろんな人間がおってもそれは自由やないかというのは困ります。そういう意味では自由ではありません。

フィロソフィの勉強会を始めると、やれ「思想教育だ」とか「宗教だ」「洗脳だ」という人がいるが、会社とは共通の目的を持って皆のベクトルを合わせて進んでいかなければならないから、考え方を統一させるのは必要不可欠だと思う。

確かにその気持ちも分からなくはない。日本人ならそのような思想教育に反発心を感じる人が多いだろう。(実際には我々が気づかないうちに思想をコントロールされているのだろうが。。。)

ただやみくもにフィロソフィを強制するのではなく、まずはトップが理念を確固たるものにし、その理念を実現するためには皆の考えがバラバラではだめで、考え方を統一していくことは必要だと夢とともに語り、理解してもらわなければならないだろう。

京セラやJALの役員さんとお話させていただく機会が何度かあったが、それは見事に稲盛さんのフィロソフィを受け継いでおられた。

そんな組織は間違いなく強いと思う。
うちで働くスタッフ全員が会社の理念、フィロソフィや会社の考え方を胸を張って語れるようになる日を夢見て。

リーダーシップと意思決定「得意技をどう生かすのか」機関誌5号

今日は、盛和塾世界大会で横浜に来ています。

初の世界大会参加です。塾長は欠席されるそうですが、どんな雰囲気なのか楽しみです!

思い起こせば、私が機関誌マラソンを始めたのも、朝礼でフィロソフィの輪読を始めたのも、今年5月の福岡塾長例会がきっかけです。

その時も塾長は欠席されましたが、志の高い塾生から多くの刺激を受け、私も皆さんのような素晴らしい会社にしたい!との思いで、5ヶ月間学んだことを実践してきました。

すこしでも成長できているか、話についていけるのか。
自分を客観的に見つめ、新たな学びを得てきたいと思います!

さて、今回の機関誌の塾長講話は「得意技をどう生かすのか」

京セラはこれまで多くの事業を興してきたが、それは京セラが最も得意で誰にも負けないセラミックの技術の延長線沿いにあり、決して「飛び石をうった」のではないとのこと。

実は、横浜の中華街でふと占い屋に入ったのだが、ここで有名なよく当たるという占い師の方から「あなたはもう一つ事業をやった方がいい」と言われた。

それも、土地に関する不動産的な事業が合っているらしい。

私は生まれた時から看板屋の息子で看板のことしか分からないのだが、それだけにこの言葉はとても新鮮で心に深く刻まれた。

私の得意とする看板と、不動産を結びつけるものは、実は昔から構想を持っていた!

あとは、それをやるだけ。

早速、今後の事業計画に落とし込んでいこうと思う。

「儲かる儲かる、といった話はいっぱいあるぞ。でも、そういう話よりも、使命感、義務感に燃えてビジネスをやることが成功の秘訣であって、儲かるかなというビジネスはあまりよくない」

このことは忘れないように。。。

そして、本文の中で塾長の厳しさに触れることができた。

ブラジルの工場の従業員に高待遇を与え、一生懸命に働いている子会社の工場長に対して、塾長が

「5年後、10年後まで嬉々として働ける状態をつくらんかい」

「従業員を大事にするのはもちろん大事だが、そのことと、会社を存続させるために利益を出すことを両立させなきゃあかん。それができなきゃ、リーダーなんかつとまらない。」

と強く叱っていたそうだ。

従業員を良い待遇にするということは、高コスト体質になってしまっていること。それならもっと必死で売上を上げて、両立をさせていかないといけない。

「従業員の物心両面の幸福の追求」という理念を掲げているが、表面だけとらえて「従業員に良い待遇と働きやすい環境を」とだけではまだ私の理解が足りないようだ。

「理念を高める日々だった。」との塾長の言葉があるが、

もっと自社の理念を高め、「厳しく」追求していかなければならないと思った。

また、2代目経営者の悩みで、

「社員に遠慮もあり思い切ったことが言えない」と言ったところ、塾長は「それはその人のことを真剣に考えていないからだ」と返された。

「小善は大悪に似たり」

私もそこまで従業員のことを真剣に考えていなかったように感じた。

まだまだ厳しさが足りない。自分にも従業員にも。

◎リーダーシップと意思決定 Ⅲ「利他の心をどう高めるのか」 機関誌4号

今回のテーマである「利他の心をどう高めるのか」についてはあまり触れられておらず、塾長の従業員に対しての真剣な考え方が書かれていた。

以下、心に残った部分を抜粋。

『雇用関係で来るならもういらん。死ぬほど苦労してでもお前の面倒は俺が見てやる。お前もまた会社のためにがんばってくれよ、と。』

『あんたらを絶対に、不幸にはしやせん。みんながんばって会社がうまくいったら、必ず幸せになるようにしてやるということだけは約束する』

『オイ、お前ら欺される勇気はないのか、欺す男かもしらんが、欺されてみる勇気はないか。まだ若い。1年間欺されて、それから辞めてもいいやろ。俺がええ加減な男で、欺したと思ったら俺をドスで刺してもいい。』

果たして私がここまで従業員に対して考え、思いを伝えられているかというと、正直まだまだだなと感じた。

少し古臭いようにも思うかも知れないが、私だったらこのように言ってもらえたらとても嬉しくなるだろう。

このような「男気」を持って、従業員に接していきたい。

・何か問題やトラブルが起きた場合、

『なあなあで、反省をして、というのじゃなくて、恥部までえぐり出して、全部棚の上に並べて、それで解決するようにします。 』

表面上だけでお互い理解したつもりで解決させず、全てをさらけ出して根本から見直していく。本気で真剣に関わることが大切だと感じた。

「一日一日をど真剣に生きる」というフィロソフィをこないだ学んだばかりだが、恐らく稲盛さんは全てにおいてど真剣に取り組んできたからこそ、人間としての迫力があり、周囲もついて来られたのだと思う。

私はまだまだ中途半端で、そのような気迫は周りに伝わっていない。

やはりまずは自分が変わらなければ、何も変わらないのだ。

最後に、盛和塾中海(現在の盛和塾山陰)の設立総会の記事が小さく載っていた。

この号は1993年(25年前)の発行で、そこには設立メンバーの言葉も載っていたのだが、

正直な感想は、25年も勉強して、きちんと経営を伸ばしておられる会社がどれだけあるのか?

確かに会社を長く続けていくのは大変なことだと思うのだが、それだけでは自分にとっては物足りないように思えてならない。

何が言いたいかというと、盛和塾に入っただけでは、会社は決して良くならないと私は思っている。

盛和塾に入らなくても、経営を伸ばす人は伸ばすし、ダメな人は何をやってもダメ。

学んだだけで満足してないか?

知ってることと、行動は全くの別物。

泳げない人が、クロールの泳ぎ方を本で読んだだけで泳げるようにはならない。

学ぶからには、必ず行動して結果を出してみせます。

リーダーシップと意思決定「利己と利他でどう変わるのか」 〜機関誌3号〜

今回も「稲盛デジタル図書館」より

機関誌を持ち歩かなくてもどこでも読めるから、とても便利!

ただし6ヶ月で9000円(税別)だが。。。

今回も塾長講話は数ページで終わりです。

他のページはというと、他の塾生の経営体験報告に加えて、「子供が生まれました」などという近況報告コーナーまである。

この頃は今と違って内容が簡単で、サクサク進む。

さて、今回のテーマは「利己と利他でどう変わるのか」

稲盛塾長は、年端のいかないころは個人の意思決定を優先していたが、何事もあまり良い結果を得られなかった。

それが、従業員時代に部下を「食わせないといかん」と会社の人全体のためという「利他」が入ってきたそうだ。

そのように「利他」の考えで行動すると良い結果が伴うようになったとのことです。

このように社内の人間全員が「利他」の心で思いやりの心で行動すれば、いい会社になると思う。

うちの会社で言えば、みんな個人よりも周りの人ことを考えて行動する人間が多いように思う。

しかし、自らの行動が先々どのように会社に影響してくるかまで意識している人は少ない。ここは私の指導不足が原因であるのだが。

“「金は天から降ってくるものではない」
われわれ自身が稼いでわれわれ自身が分配しなければ、金はどこからも来ません”

この言葉を塾長は何度も従業員に対して話されたきたそうだ。

うちもその意識を高めて、全員が経営者の意識で仕事に取り組んでいきたい。

リーダーシップと意思決定「人の心をどうとらえるか」〜機関誌2号〜

今回も「稲盛デジタル図書館」の期間限定記事より。

9月いっぱいは機関誌が無料で読める。(盛和塾生のみ)
10月からは有料会員になります!

今回も5ページで終わり。
15分くらいであっという間に読めた。
文章の量は少ないが、内容は今の自分の悩みのヒントになるものだった。

今の自分の経営上の悩みは多々あるものの、フレッシュな悩みとしては、やはり人の心にある。

自分として貫き通したい思いとそのギャップ。
果たして何人が自分の考えを理解し、実行してくれてるのか?

もしかして独りよがりになっていないか?
伝わっていると思い込んでいるだけではないだろうか?

そう思わせるできごとが立て続けに2度起きた。

表面上は理解しているように見せかけて、腹の底ではぷいっと違う方向を向いていた。

人は、「この人のためなら!」と思う事なら裏切る事なく、全面的に信頼して行動する。

そうでなければ、相手をなめているか、信頼していないか、理解できないよっぽどのバカか?

いや、恐らく一番は、伝える人が相手の心をとらえていないのだ。

塾長講話の中で、「人をまとめる=人の心をとらえる」とあった。

「『よっしゃ、お前の心意気に免じて何の保証もないけれどもお前に賭けてみよう』そう言わせたいし、言ってほしいんです」

「そのために自分はどんな精神構造でなけりゃいかんのか」と、稲盛塾長は必死で考えられたそうです。

私が盛和塾で学びだしたきっかけはまさしくここ。

京セラフィロソフィを社内に持ち込んでいるのも、
機関誌マラソンを続けているのも、

稲盛塾長の心意気に共感し、稲盛塾長の言われたことを一生懸命にやり続ければ、きっと会社はうまくいって、もっと従業員に喜んでもらえる会社になると信じて賭けているのだ。

周りからもそう思わせる男になりたい。

そのために学び続け、人格を磨き続け、厳しさと優しさを併せ持った経営者を目指し続ける。

盛和塾山陰 9月自主例会

久々にコンパまで参加した今回の自主例会。

感動で涙が3回くらいジワッとした。盛和塾に入ってて本当に良かったと思える例会だった。

日本航空の藤田副社長が、台風の中、出雲の地に来てくださって我々のためにお話をして下さった。
ちょうどこの日は大きな台風が来てたのだが、「どんな手段を使ってでもいきます」と言ってくださってたそうだ。ありがたい。

内容についてはここに書ききれないほど多くの学びがあったのだが、特に印象に残ったことは、

「フィロソフィの大切さ」

うちでも朝礼の時に京セラフィロソフィを輪読してかじった気になってたが、日本航空ではさらに徹底的にフィロソフィを学ぶ機会を作っておられる。

それこそ愚直に。

もっとスマートにやってるイメージがあったのだが、リーダー研修、社員研修、各部門ごとの勉強会などを定期的にやっておられる。
そこまでしてフィロソフィの浸透をはかられている。

そして、東日本大震災や熊本大震災の時、日本航空はこまめな増便を行うなど、現地でのサポートに尽力された。

そういった不測の事態が起こった場合も、従業員が「JALフィロソフィ」を確認し、行動をされているとのことだった。

フィロソフィとは一度学んだだけではダメで、それこそプロ野球選手が何度も素振りをするように、何度も学んでは実践し、反省をして少しずつ自らに浸透させていくのだそうだ。

なんでもそうだが、知っているだけではあまり意味がない。
不正や犯罪など、悪いと知っててやってしまう人間がほとんどだろう。

我々も、フィロソフィを少しかじったくらいで知った気になっていないか?

学んだことは、一つでも行動に移すことが大事!

まずは、京セラフィロソフィを自らに浸透させるべく、社内でフィロソフィに反することがあった時は流さずにきちんと注意することにする。

自社の文化は自社でつくる。

志の経営を求めて「物事を始めるということ」〜機関誌第1号〜

盛和塾で少し前に始まったサービス「稲盛デジタル図書館」
https://www.seiwajyuku-idl.jp/

手元にある機関誌がなくなってしまってどうしようかと思っていたが、これで過去の機関誌がいつでもどこでもスマホで読めるようになった。

現在はお試しで無料で読めるのだが、10月からは有料になるようです。

というわけで、今回は記念すべき創刊号の第1号!

毎回、塾長講話についての感想を書いているのだが、第1号は5ページで終わり(早)

最初はこんなに短かったんですね。。。

内容は、新たな事を始める際の心構えについて。

「そこに集う人たちの心の中に「よしやろう」という燃え上がるものを植え付けるのが大事」とあった。

私は以前、商工会議所の青年部に所属していた。

そこで大きなイベントをやることになり、説明会に参加したのだが、そこでは「何をやるか」のみの話だけで、なんで俺がそれをやらなければならないのか?と感じたのを覚えている。その頃は多分27歳くらいだったかな。

「何をやるか」ではなく、「なぜやるか」を聞きたかった。そして、トップがどういう思いでやっているかを聞きたかったのだ。

「そこに馳せ参じた連中が心底信じられる、納得えきる動機付けがいる。」のだ。

それさえあれば、きっと我々は自ら考え、大きな力を出していただろう。

しかしそういった動機付けがないと、「自分たちは無料で動く都合の良いイベントの人工(にんく)じゃねえぞ」といやいや仕事をすることになる。

これは自社でもあてはまっているかもしれないと感じた。

そして、「事を始めるにはそのぐらい慎重に読むというか、考え抜く。それでリアルに、カラーで「見えて」くる。まだやってもいないのに成功するという確信が湧く、そこまでいって物事を始めるということが大事で、そうすれば失敗の確率は少なくなり、99パーセント成功する。」とあった。

このイメージづけも非常に重要なところで、自分に足りない部分である。

今も新しいことに取り組んでいるが、やりたい!という気持ちはあるものの、それを具体的にイメージできていない部分がある。

それで、実際に進めていると、イメージできてないものだから、どのようにすればよいか悩んでしまい、途中でストップしてしまうことがよくある。

ただ、イメージが完全にできてからよりも、走りながら考えるというやり方が今の変化の早い世の中には合っているようにも思う。

その時に、あいまいなイメージで突き進むのではなく、走りながらもその場その場で「明確なイメージをカラーで見えるくらいに打ち出していく」ことが必要だと感じた。

新しいことはなかなか思い通りに進まないが、「動機付け」と「イメージ」を常に意識して、今後も引き続き取り組んでいきたい。

経営者は「どうしてもこうありたい」という強い願望を持て(機関誌150号)

機関誌

今年の5月13日から開始した「一人機関誌マラソン」だが、今回の150号が今持っている最後の号。手元にある機関誌15冊の制覇をとりあえずの目標にしてきたが、今の所は一度もサボることなくやり続けることができた。

普段、読書の習慣なんて全くなかったから、なかなか大変だった。
毎回、読むのに2〜3時間、感想まとめるのに1時間はかかっている。

それにしてもまだたったの1/10しか終わってないとは。。。
まだまだ先は長い。

さて、今回のテーマだが、「経営者は「どうしてもこうありたい」という強い願望を持て」

経営12ヶ条で言えば、「3.強烈な願望を心に抱く」

それを実現するためには、「自分の会社がどうあるべきか」という目標設定を明確にすることが第一番。

それも漠然と描くのではなく、潜在意識に透徹するくらい明確に「見えてくるまで考え抜く」

そしてその考えを従業員の一人ひとりに、自らの口で語り続けること。

ある経営者は、会社のビジョンを「カラーで手に取るようにイメージできるまで考え抜く」と言っていたな。

思い返して見ると、私の立てたビジョンや目標は、どことなくぼんやりしてて、カラーどころか白黒でも見えない。

「〇〇になればいいな!」という程度であり、そうなった時の会社の様子も、社内の様子も、従業員の様子もイメージできてないことに気づいた。

まずこの時点で「強い願望」になっていないじゃないか。

こんな思いで、従業員に説得力を持って伝えられる訳がないではないか。

経営12ヶ条は頭では理解していたつもりだが、ぜ〜〜んぜんできてなかった!

どうりでなかなか進まない訳だ(-_-;)

もっと夢があふれる姿へのイマジネーションを働かせなきゃ。
5年後、10年後、そして20年後の私が66歳で引退してるかも知れない時のグローバークの姿を。

まずはそこから。

経営の使命と人間の本質 ー機関紙149号ー

今回は、従業員に対して厳しく指導のできない経営者に向けて、経営者とはどのようにあるべきかについての内容であった。

私もそうであるが、従業員や子どもに対して、ハッキリとものが言えないことがある。

「こんなこと言ったら反発するかな。。。?」

「自分はどうだっけ?」

「どのように伝えたら、理解してくれるかな?」

「どういう心理でやったのかな?」

「やめてしまわないかな。。。?」

などとしばらく考えてから伝えている。

すると相手は表面では「分かりました」という対応をするが、同じことを繰り返したりすると「‥本当に聞いてたのか?」とイライラすると同時に、自分の言葉の重みの無さにもガッカリする。

そこで現在弊社でも実践している方法が書かれていた。

「自分が「こうだ」と言っただけでは、部下が信用してくない。そこで、それを私(稲盛塾長)が言ったことにする。そうすれば、一も二もなく聞くようになるでしょう。虎の威を借る狐ではありませんが、そこはうまく利用されたらいいのです。」

弊社では、朝礼時に全員で「京セラフィロソフィ」の輪読を行い、一言ずつ感想を述べあっている。もし朝礼に不在の場合は、後ほど読んでレポートを提出してもらっている。

元はと言えば、私が個人的に京セラフィロソフィを勉強したかったのだが、どうせやるなら全員で内容を勉強して理解すれば、私がフィロソフィと違う行動をした際に「社長は偉そうなことを言ってるが、口だけではないか」と従業員から後ろ指を指されないようにすることで、自らを律することもできると考えて全員でやることに決めたのだ。

しかし全員でフィロソフィを学び、感想を話すことで、まずはみんな心がきれいで真面目な人間だと言うことが分かった。そして、みんなの意識に変化が起きてきているように思う。フィロソフィとは道徳で教わるような「人間として正しいことをする」という内容なのだが、私が言いたいことも時々含まれており、今まで色々社員教育をやった中で、最も効果的じゃないかなと感じている。

これぞまさしく「虎の威を借る狐作戦」。

そして最も響いたのは

会社の社是をしっかりつくって、これで経営しますと決めたら、それからは「私の会社」ではなくります。「みんなの会社」になるのです。

私は頭が切れるわけでも、優れたリーダーでもない。話はヘタクソだし、人間としての器もまだ中途半端。

だからこそ人より一生懸命働いて、みんなが「この会社で働いて良かった」と思える会社にしていきたい。

そしてこの会社を存続させ、皆さんの生活を守っていかなければならない。そのためにも、ぜひ皆さんに協力をお願いしたいのです。

すばらしい協力をして下さる人たちを、私はどんなことがっても大事にし、幸せにします。

敬天愛人を生きる ー機関紙148号ー

今回の内容は京セラの社是でもある「敬天愛人」
「常に公明正大 謙虚な心で仕事にあたり 天を敬い、人を愛し 仕事を愛し 会社を愛し 国を愛する心」という意味で、西郷隆盛(機関紙では西郷南洲と書かれていて、最初誰かと思った)の言葉だということは知ってるが、どのような深い意味が込められているのかということを再確認しながら読んだ。
私なりにまとめると、いつも塾長がおっしゃってる「人間として正しく生き、世のため人のために尽くす」ということであった。
私は現在、経営者という役割をいただいて生きている。
経営者としては、まだ決して良い結果は残してはいないが、前の会社では5年間に渡って社長業(代表権なしの)を務め、起業してからは現在6年目に入っている。
振り返って見ると実は10年以上も経営者をやっているのだが、今自分がしっかりと自覚しておかなければいけないのは、自分だけが儲かるためだけに経営者としての能力を授かったのでも学ばせてもらったのでもなく、「経営者という自らの役割に全力で取り組み、一緒に働く人たちや世の中をよくしていかなければならない」ということ。

「トップに立つものは天道を踏み行うものであって、少しでも私心を挟んではならない。利己または自分を大切にする思いを差し挟んではならない。」

「自分自身のことは犠牲にしてでも会社のことに集中する。それがトップの義務。」

最近、朝礼時に京セラフィロソフィの輪読を行なっているが、読み進めるうちに自分自身ががんじがらめに締め付けられている。
「私心のない判断を行う」
「フェアプレイ精神を貫く」
「公私のけじめを大切にする」
経営者だからこれくらい経費で・・・とか、
儲かるならちょっとぐらいのルール違反なら・・・
というのを、「もう今後はやらない」と、皆の前で宣言してきた。
皆と一緒に学び、皆の前で宣言することで、自らをやらざるをえない状況に追い込むのが目的で、これまで皆でフィロソフィの勉強をやってきたのだ。
そうすると、スタッフからも気を使って私とは言わなかったが、「他の会社で、経費を私的に利用してお土産をもらったけど、あまり嬉しくなかった。」という意見がでた。
やはり従業員はちゃんと見ているのである。
そして、そのように正しい心を持っている従業員を尊敬した。

経営の判断基準を「人間として何が正しいのか」という一点に絞る。物事の根本というものは単純にして明快。

自分ではできていたつもりだったけど、実は全然できていなかった。
頭では分かってたけど、徹底して実行していなかった。
そんなだから、良い結果として現れないのだと今では思っている。
なぜ良い結果を出さないとならないか?
なぜそうしてまで自らを追い込まなければならないのか?
それは、私には全従業員を幸福にするという「使命」があるから。
そして、そう思える従業員をもっと増やしていきたい。
それによって、うちの看板をより多くの会社へと役立てることができる。
それが社会への貢献であり、私の経営者としての役割だと考えている。